忍者ブログ

は別れの季節

背が高かっ目に入



時はめぐり、澄川の名を継いだ基尋も伴侶を得、やがて一人息子をもうけた。息子は結婚後、病を得たが基尋にとってはれても痛くない孫を一人残した。
一粒種の名を、澄川東呉という。

「じいちゃん。寝たのか?最近、よく寝るよな~。」

「お話をたくさんされましたから……お疲れになったんですよ、東呉さま。」
「さあちゃん……。さあちゃんってば。」

いきなり目の前に誰かの顔が近づいて、禎克は我に返った。

「おっす。」

「おっす……おら、ごくう?」

見知らぬ顔に、驚いて周囲を見渡すと、ほら、この子が新しいお友達なんだよと、皆が口々に言う。

「あ……の、こんにちは。はじめまして。」

お行儀のよい禎克は椅子から立ち上がると、新しいお友達に丁寧にぺこりと頭を下げて挨拶をした。くるりとカーブした長い睫が揺れる。
新しいお友達が、思わず「やべ……かわぇぇ~」と、ごちた。

「なぁ。お前めっちゃ可愛いからさ、おれの嫁さんにしてやるよ。いいな。」

「お?……お嫁さん……?ええーーーーっ!!!!!」

周囲は大騒ぎになった……というより、爆笑の渦になった。

「さあちゃんをお嫁さんだって!」

「きゃあっ。さあちゃん、大変~。」

「知らないもの、仕方ないよ~。」

女の子たちの方が、大騒ぎしている。

「なんだよ。何がおかしいんだ、お前ら。つか、もう誰か付き合ってる奴いるのか?」

禎克は、ぶんぶんと頭を振った。

「もしもそんな奴がいるのなら、おれ、そいつと決闘する。」

「決闘だって~!もてもてさあちゃん!」

「あわあわ……。」

ひよこ組は大騒ぎになっていた。編入してきた男の子は柏木大二郎という時代がかった名前で、年長さんのクラスに入っても遜色ないほどた。禎克はちらりと相手の様子をうかがった。
喧嘩しても、絶対叶わない……気がする。でも……。お嫁さんは無いと思うので、思い切って勇気を振り絞った。

「ぼく、女の子じゃないよぅ……。」
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R